プロペシア2ch

経済・ビジネス

【経済】詰め替え容器に新風 花王がシャンプー容器でエコと実用性両立

1: あずささん ★ 2016/01/23(土) 17:47:47.88 ID:CAP_USER*.net
花王がシャンプー・コンディショナーの新たな詰め替え用品を発売した。形状や素材を全面的に見直し、環境負荷低減と実用性向上の両立という困難な課題を克服した。沢田道隆社長が「4年以上かけて開発し10以上の(新たな)特徴を備えている」とでき映えに胸を張る新型容器は、本体容器の陰に隠れがちだった詰め替え用の存在感を高めそうだ。
                ◇
花王が発売したのは、ヘアケア製品「エッセンシャル」用の「ラクラクパック」。パウチと呼ぶプラスチックフィルム製容器にキャップを付けたボトルのような形をしている。キャップを回して開け、真下に向けた状態で本体容器に中身を注ぐ仕組みだ。

キャップは本体容器の注ぎ口にセットしやすい大きさに設計され、片手で持ってもこぼしにくい。
シャンプーのような粘度の高い液体でも、無理に絞ったりせず、時間をかけずに移し替えられる。

従来品はパウチの端に入れた切れ込みをちぎって開封していたが、開けるのに一定の力を要した。
これに対し、キャップ式なら高齢者など力の弱い人でも負担が少ない。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/産経新聞社
http://www.sankei.com/premium/news/160123/prm1601230011-n1.html

(´・ω・`)ノシ 続きを読む

【経済】最高値更新も…日本市場はハゲタカの食いモノにされている

1: うずしお ★ 2015/02/25(水) 16:08:46.44 ID:???*.net
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/157511


怪しげな海外勢が日本市場を闊歩している。日経平均は24日、2000年4月以来となる1万8600円台に乗せたが、その裏で日本企業が食いモノにされ始めた。

「ハゲタカが暴れまくっています。行儀の良くない海外ファンドが、次々と日本に上陸しているのです」(市場関係者)

 中でも、アクティビスト(モノ言う株主)の存在感は増している。ソニーやIHIを揺さぶった米サード・ポイントが工作機械で知られるファナックの大株主(約18%保有)に急浮上。1兆円の手元資金を抱えるファナックに対し、株主還元策のひとつ「自社株買い」を強要した。

「日本企業は、投資家との対話を重視する『スチュワードシップ・コード』機運の高まりもあって、株主還元策を充実させています。例えば14年の配当金・自社株買いの合計額は13兆円でしたが、15年は16兆円、16年は19兆円に増える見通しです。ファナックのように内部留保が潤沢な企業は、モノ言う株主に狙われやすいといえます」(株式評論家の杉村富生氏)

■狙われた銘柄は株価上昇

 骨肉の争いで市場を騒がせている大塚家具は、米ブランデス・インベストメントが入り込み10%超を保有する。

「父親(会長)と娘(社長)の“親子ゲンカ”に乗じて、無借金経営で知られる大塚家具の財産をむしり取ろうとしている」(証券アナリスト)とさえ囁かれるのだ。

 ヤマダ電機は旧村上ファンドの出身者が設立したエフィッシモ・キャピタルが約13%を保有。同じく旧村上ファンド関係者が絡むレノは、自動車部品メーカーのヨロズ株を約11%持ち、配当金の上積みなどを突き付けた。

「とはいえ、こうした銘柄はほぼ例外なく株価を上昇させています。個人投資家にとっては、投資先選びのヒントになる」(別の市場関係者)という。
 2万円を切っていたファナック株は2万3490円(23日)まで上昇。450円前後だったヤマダ電機も528円(17日)を付けた。

続きはソース元で

(´・ω・`)ノシ 続きを読む
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします☆

★育毛剤は個人輸入で買うのがお得★
 男性の薄毛は、『男性型脱毛症(AGA)』と言われており、これを治療するために効果的なのは『プロペシア』と『ミノキシジル』です。2010年に発表された日本皮膚科学会の薄毛治療ガイドラインによると、「強く勧められる」と評価された治療法は、「フィナステリドの内服」と、「ミノキシジルの外用」です。その他の薬局で買えるような育毛剤の効果はあまり十分な根拠が無いと評価されました。これは皮膚科の専門医達が議論してだした評価ですので、当時は新聞にも取り上げられ話題を呼びました。

 しかし、現在でも薄毛で悩む多くの人は、薬局で手軽に買える育毛剤やシャンプーにこだわっています。その理由の一つとして考えられるのが、プロペシアは医療機関で医師から処方して貰う必要があり、敷居が高いということがあります。また、医師に処方してもらったプロペシアは1ヶ月7,000円~10,000円ほどもするので非常に高額だということも原因でしょう。ミノキシジル配合の育毛剤も薬局で買うと1本5000円以上もするのでこれも高すぎると感じる人も多いでしょう。

 そのような悩みを解決する方法として個人輸入代行店を使って育毛剤を通販で買う方も最近では増えてきています。個人輸入なら楽天やAmazonと同様にネット通販でプロペシアなどを気軽に購入することができます。ジェネリック医薬品なら価格も大幅に安くなりますのでお勧めです。当サイトの管理人も利用していますが、今のところ一度もトラブルなくお得に育毛できています。
★管理人おすすめの激安育毛剤★
プロペシア

 まずは一番基本的な育毛アイテムです。主成分のフィナステリドは、薄毛の原因である男性ホルモンの毛根への働きかけをガードしてくれます。医師による薄毛治療の場合もプロペシアが処方されます。通販大手の「オオサカ堂」では、成分鑑定を行なっているので偽物の心配もないと思います。1ヶ月分でも6000円ほどですので(3箱まとめ買いの場合)、病院で処方してもらうより断然安くなっています。

フィンペシア

 プロペシアのジェネリック版です。インドの大手製薬会社であるシプラ社が製造しています。主成分であるフィナステリドはプロペシアと同じく1mg含まれています。まとめ買いすると1ヶ月当たり900円ほどですので、激安でプロペシアと同じ効果が期待できます。

ロゲイン

 「ミノキシジル」という成分は発毛を促進する効果があるとされています。リアップの主成分もこのミノキシジルです。ミノキシジル育毛剤で世界で最初に販売されたのがロゲインです。ミノキシジル濃度は5%とリアップと同じですが、価格は半額ほどで買えるのでかなりお得です。今でも売れ続けているロングセラー商品です。

フォリックスFR15

 ミノキシジルが濃度が15%と、超高濃度の育毛剤です。リアップのような5%程度のミノキシジルだと効果が薄い方もいるようで、そのような方にはこちらがおすすめです。低濃度のミノキシジルではなかなか育毛するのが難しい、生え際への効果を期待して購入する方が多いです。

最新記事
記事検索
★お得な情報★
★プロペシア・ミノキの個人輸入★